現在位置: ホーム > ウィキペディア > 時計 > 時計磁気の影響について

時計磁気の影響について

2012-02-14編集:ブランドコピーn級品激安通販

時計磁気の影響について

アナログ式クォーツ時計は、針を動かす為に磁気の性質を利用してローターを駆動させる極小の“ステッピングモーター”を採用しております。
この“ローター”には永久磁石が使用されており、強い磁気を発生させている物に近づけると磁気により一時的にローターが引っ張られ正常に回転しなくなりますが、磁気環境から離すと時計は正常に作動します。この事により、磁気の影響を受けた分だけ「遅れ」や「進み」として表れます。
械式時計についても同様に、磁気の影響により“テンプ”が正常に回転しないため精度が乱れる事があります。

※この症状は故障ではありません。磁気から遠ざければ時計は正常に運針しますので、時刻を修正してご使用ください。(日常生活において、身の回りに磁気を発生させている製品は多くあります。時計を今までと違った場所に置き、様子を見ることにより原因が判明する場合があります。)
ところが、何度も強い磁気環境下に時計があるとムーブメントの金属部分に磁気が残留してしまいます。残留した磁気が“ローター”または“テンプ”へ常に影響を与えている状態になり、継続的に「進み」「遅れ」「止まり」といった症状が起こります。
※この場合は磁気抜きを行なう必要があります。

お客様には時計と磁気との関係をご理解頂き、これからも末永くご愛顧をお願い申し上げます。

磁気の性質と種類

磁気の性質

磁気の強さは距離の2乗に反比例し、距離が3倍になると磁気の強さは9分の1になります。
つまり、磁気を発する物から時計を離せば影響が小さくなります。


磁気の種類

磁界とは、磁気(磁場)作用が及ぶ影響範囲のことで直流磁界(永久磁石や乾電池式の電磁石などから生じる磁気の範囲)と交流磁界(交流電流を使用することで生じる磁気の範囲)とがあります。

磁気を発生する主な製品

直流磁界:磁気健康用品・冷蔵庫のドア・ハンドバッグなどの留め金に使用しているマグネット・オーディオスピーカー・ヘッドフォン・心電図などの医療器具など
交流磁界:電気シェーバー・電磁調理器・電動マージャン台・電気カーペットのコントローラー・ACアダプターなど


磁界の強さの目安

磁界の強さの目安

製品名 磁界の強さ(単位:A/m)
密着状態 5cm離れた状態



紙止め用磁石 ~71,600 ~1,200
テレビ・オーディオスピーカー ~20,000 ~3,200
携帯電話のスピーカー部 ~22,400 ~1,600
携帯オーディオのスピーカー部 ~12,000 0
家電・家具の開閉磁石 ~64,000 ~3,000
電気シェーバー ~11,900 ~800
ハンドバッグの留め金 ~72,000 ~240
磁気健康用品(エレキバン等) ~144,000 0